受講規約

このROI Seminar受講規約(以下「本規約」という)には、ROI Seminar(以下、「本セミナー」という)を運営するプロペックス株式会社(以下、「弊社」という)の許諾に基づき、弊社が提供する講座(以下、「本講座」という)を受講する者(以下、「会員」という)が、本講座を受講するにあたっての、会員と弊社との間の契約条件が規定されています。
なお、本セミナーは弊社が会員に対して提供するものであり、弊社は会員に一切の義務を負いません。
また、本講座を受講されるにあたって、以下の規約に従っていただきます。予め内容をよくお読みになり、同意のうえでお申込み、ご参加ください。

第1条(目的)
本講座の目的は、ビジネスに関する知識、情報、事例、ノウハウ等を会員に提供することにより、会員が自己の事業の適正な事業運営、業容拡大および、業績の向上を目指すために必要な知識と実践力の取得を目的とします。

第2条(会員の種類)
本講座の会員は、以下の種類とします。
(1) 個人会員 (本講座参加可能人数は1名、固定会員)
(2) 法人会員 (本講座参加可能人数は2名、非固定会員)
(3) 非会員  (スポットで参加するゲスト)

第3条(会員の種類変更)
会員の種類については、参加人数が増員となる場合は随時可能です。逆に減員となる場合は、最後に人数の変更があってからまたは、新規入会から2ヶ月以内はお受けすることができません。また、参加人数の変更が反映されるのは、当該変更申込みをした翌月以降となります。

第4条(入会申込)
本講座へ入会を希望する者(以下、「入会希望者」という)は、本セミナーのウェブサイト(以下、「本サイト」という)上に掲載する手続き、その他弊社の定める手続きに従って、入会申込を行います。また、入会希望者が本講座を勤務先等の所属団体(以下「所属団体」という)を通じて申し込む場合は、所属団体と当該会員は連帯して本規約に従わなくてはなりません。

第5条(入会申込の承諾)
弊社は、入会申込みを受けた場合、速やかに別途に定める審査基準に基づき、入会申込みの可否について審査を行います。審査の結果は、電子メール、ファックス等、弊社が適切と判断する方法で通知を行います。入会を許諾された場合は、入会許諾の通知を弊社が送った時を以って入会とし、会員資格が付与されます。

第6条(退会)
会員が本セミナーを退会する場合、退会を希望する1ヶ月前までに弊社へ退会する旨を通知しなくてはなりません。なお、会費については、退会当月分まで支払う必要があります。

第7条(会費の金額)
会費の金額については、会員の種類によって異なり、本サイト上またはその他で掲示する金額とします。

第8条(会費の支払)
会費の支払い方法は、会員の指定する銀行口座からの自動振替または、クレジットカード払いとします。なお、支払については、自動振替の場合は当月分の会費をその前月20日、クレジットカード払いの場合は当月分の会費をその前月末日に決済されます。ただし、自動振替の手続きが完了するまでの間は、現金もしくは、銀行振込とし、振込にかかる手数料は会員の負担とします。
② 前項に定めた会費支払の処理が確認できない場合、甲は、乙の本講座受講を拒否または退会の処分を科すことがあります。

第9条(講座の中止、中断および変更)
弊社は、交通機関のストライキ、台風・地震等の天災地変、暴動やテロ、講師の不測の事故・病気・慶弔、施設の緊急の保守点検・改修工事等、本セミナー運営上止むを得ない場合には、会員への事前の通知なく講座の運営を中止・中断できるものとします。
② 前項の場合には、弊社はセミナーの中止時または中断後1ヶ月以内に、振替講座の実施、講座資料の提供等の代替措置を実施します。

第10条(欠席の取り扱い)
会員が本講座の受講を欠席した場合、その欠席分について他講座への振替や会費を返金する等の対応は、欠席理由の如何に関わらず一切行われません。

第11条(権利の利用範囲)
会員の本セミナー・本講座を利用する権利は、当該会員のみに帰属するものであり、会員は、弊社の明示的な同意なく他の第三者に対して、本セミナー・本講座の再利用権の設定、頒布、販売、譲渡、貸与その他第三者に本セミナー・本講座を使用させる一切の行為を行うことはできません。

第12条(会員資格の中断・取消)
会員が以下の項目に該当する場合、弊社は事前に通知することなく、直ちに当該会員の会員資格を停止または将来に向かって取り消すことができるものとします。
(1) 本規約に違反した場合
(2) 入会申込み時に虚偽の申告が含まれていることが判明した場合
(3) 講座の内容を適切に理解できないことが明らかである場合
(4) 会員および所属団体に対する破産、民事再生その他倒産手続の申立てがあった場合または受講者が後見開始、保佐開始もしくは補助開始の審判を受けた場合
(5) 本人またはその所属団体が、暴力団、暴力団構成員、準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団、またはその他の反社会的勢力である場合
(6) その他弊社が本講座の会員としての適格性に欠けると判断した場合
② 弊社または講座の講師は、前項に該当する場合の外、会員が本講座の進行の妨げになると判断した場合、講座の受講中に退席を命じることができます。

第13条(遵守事項)
本講座の一部もしくは全部を、弊社からの事前の許可なく撮影・録画・録音することを固く禁じます。

第14条(規約の変更)
弊社は、弊社が必要と認めた場合、会員への事前の通知なく本規約を変更できます。その場合、弊社は変更した新しい規約を随時本サイトへ掲載します。また、掲載された時点で当該変更について会員の承諾があったものと見做します。なお、変更となった新しい規約は、本サイトへ掲載された時点より有効となります。

第15条(会員への連絡)
弊社から会員への連絡は、本規約に別に定めのある場合を除き、弊社からの電子メールもしくは本サイト上の一般掲示またはその他弊社が適当と認める方法により行なわれるものとします。
② 前項の通知が電子メールで行なわれる場合には、入会時に登録もしくは入会後変更された電子メールアドレス宛への弊社からの発信をもって通知が完了したものと見做します。ただし、登録情報が正確もしくは最新でなかった場合には、弊社からの通知が不到達となっても、本項に定める時点で到達したと見做されるものとします。
③ 本条第1項の通知が、本サイト上の一般掲示で行なわれる場合は、当該通知が本サイト上に掲示された時点(本サイトにアップロードされた時点)をもって会員への通知が完了したものと見做します。
④本条第1項の通知が、その他弊社が適当と認める方法の場合は、電話やSNS等、本人と直接コンタクトの取れる方法を用いることとします。

第16条(個人情報の利用)
弊社がお預かりした個人情報は、本サイト掲載のプライバシーポリシーに従い、本セミナーの実施・運営(受講者名簿の作成、アンケートの集計および分析等)、新講座や会員交流会等の情報提供の目的の範囲内に限った利用を行い、その他の目的には利用しません。
ただし、以下の各号いずれかに該当する場合を除きます。
(1) 本人の同意を得ている場合
(2) 法令等の定めに基づく場合
(3) 人の生命、健康、生活または財産を保護するため、緊急かつやむを得ないと認められる場合
また、お預かりした個人情報は本人の要望に応じ開示し、追加・変更・削除に応じます。
② 入会時に届出した事項に変更が発生したときは、その変更内容を弊社までご連絡ください。万が一、届出変更がないことが原因で会員に生じた不利益について、弊社は一切責任を負いません。

第17条(了解事項)
弊社の本セミナーにおける業務は、会員に対する助言、提案、もしくはコンサルティングであり、会員が講座内容の習得することや、弊社が会員のビジネスに係る一定の成果を保証するものではなく、本講座で提供したノウハウ等に基づき会員がなしたビジネスの結果に対して、弊社はその責を負わないものとします。また、会員は弊社に対し損害賠償もしくは会費の返還等、何ら請求できないものとします。

第18条(禁止事項)
会員は、本セミナーの利用にあたって、次の各号の行為を行ってはならない。
(1) 他の会員、本講座の講師もしくは弊社の知的財産権またはその他の権利を侵害する行為、および侵害する恐れのある行為。
(2) 他の会員、本講座の講師もしくは弊社の財産またはプライバシーを侵害する行為、および侵害する恐れのある行為。
(3) 本項の第1号、第2号の他、他の会員、本講座の講師もしくは弊社に不利益または損害を与える行為、および与える恐れのある行為。
(4) 会員としての権利や立場を他の第三者へ譲渡、承継または行使させる等の行為。ただし、会員の死亡等の特別な理由があった場合に弊社が別途指定する手順、方法によって弊社へ届出を行った場合には、この限りではありません。
(5) 他の会員、本講座の講師もしくは弊社を誹謗中傷する行為。
(6) 不正に他の会員、本講座の講師もしくは弊社の保有している情報等を収集、開示する行為。
(7) 連鎖販売取引(いわゆる、ネットワークビジネス、マルチ商法(MLM)、リレーションビジネス等と称するもの)、無限連鎖講(ネズミ講)、およびこれらに類するものを、他の会員や本セミナーの講師に対して勧誘する行為。
(8) 公序良俗に反する行為、またはその恐れのある行為。
(9) 犯罪的行為、または犯罪的行為に結び付く行為、もしくはその恐れのある行為。
(10) 選挙運動またはこれに類する行為。
(11) 性風俗、宗教、政治に関する活動。
(12) 法令に違反するまたは違反する恐れのある行為。
(13) 弊社が不適切と判断する行為。

第19条(秘密保持)
会員は、弊社より開示された弊社固有の技術上、営業上その他事業の情報(各講座内で提供するノウハウ等を含むがそれに限らない)並びに他の会員より開示されたプライバシーに関する情報を秘密情報として扱うものとし、当該情報を他の第三者への開示を禁じます。

第20条(損害賠償)
会員が、本セミナーに起因しまたは関連して弊社に損害を与えた場合、会員は弊社に対し一切の損害を賠償するものとします。また、本セミナーに起因しまたは関連して、当該会員とその他の会員・その他の第三者との間で紛争が発生した場合、会員は自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、弊社に生じた一切の損害を賠償するものとします。

第21条(管轄裁判所)
本規約を巡る一切の紛争は、大阪地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

第22条(協議事項)
本規約の解釈につき疑義が生じた場合または定めのない事項については、信義誠実の原則に従い両社協議のうえ、円滑に解決を図るものとします。

以上

付則
・本規約は平成29年7月1日より実施します。
・本規則第8条の一部を改訂し、平成29年9月1日から実施します。
・会費の支払い方法の追加により、本規則第8条の一部を改訂し、平成29年10月25日から実施します。